パニック障害を患ってから変わったこと

病気になって、色々な変化があったなあと思ったので、どう変化があったのか、あとで振り返るためにも、具体的に書いてみようと思います。

PCと長時間向き合えなくなった

前は10時間くらい連続でやっていても平気なくらいだったのですが、今は長時間続けているとしんどくなってくるので、なるべく連続ではやらないようにしています。疲労で乳酸が溜まると発作が起こりやすくなったり、脳や目を使い続けていると疲弊してくることも原因なんだそうです。このあたりは休み休みやったりすることで解決できそう。なので、1日でPCに触れている時間は短いです。

自分の体調に敏感になった

前は体の変化に鈍感で、よっぽどのことがない限りたいしたことないだろう程度で片付けていましたが、最近は変化に敏感です。敏感すぎてしんどいこともあるので、良し悪し。意図的に敏感になっているのではなくて、脳がそうさせてるのかな〜という感じがします。

自然の風景をよく見るようになった

前から自然は好きだったけど、意識的に見るようになった気がします。ふらっと川辺に行ったり。そうすることで意識を切り替えています。好きな写真もよく撮るようになったし、すぐに自然の風景を眺めることができるのは、田舎に住んでいる利点のひとつですね。気分転換には持ってこいです。

音楽をよく聴くようになった

これも前からと言えば前からなんですが、より聴くようになった気がする。好みの楽曲を見つけるとモチベーションが上がって気分が変わったりするので、音楽は偉大ですね。風景を見ながら曲を聴くのが好きです。

休むことができるようになった

休むというのは、横になったりすることの「休む」ですが、疲れたら横になるようにしています。横になることでリラックスができて気分が変わるな〜と思います。無意識にダラダラしているというよりは、意図的にダラダラさせる感じ。

体力が低下した

以前に比べて運動量が減っているので必然的に体力が低下していて、体も太り始めていてまずいですねという感じ…。筋トレをしたり、なるべく歩くようにはしていますが、一気に前のようには戻らないなあと。最近は犬の散歩を毎日30分することで、少しずつ戻ってきた気がします。前は外出から帰ってきたら疲れて横になったりしていましたが、あまり疲れなくなってきたかな。

家事が前よりできなくなった

これは完全に悪い変化なので、最近は1日1回は家事を行うように意識しています。やれる日もあればやれない日もあるけど、ぼちぼちやっていけたらな〜と思いながらやっています。よくやる家事は、料理とか、皿洗いとか。

睡眠時間にこだわるようになった

これは前からと言えば前からですが、最低7〜8時間は寝るように気をつけています。だいたい11時前には布団に入って12時前には寝る算段。寝る30分前にはスマホをやめておくと快眠できる気がします。

カフェオレをあまり飲まなくなった

昔は大好きで毎日飲んでいたカフェオレですが、発作を誘発しやすいということでなるべく控えています。頭が痛いときにはたまに飲んでいますが、頻度は月1〜2回程度まで減少しました。

だいたい悪い変化になってしまいましたが、これからは良い変化をもたらせるようにゆるく頑張っていきたいですね。

インターネットとの向き合い方

たまに、一切なにも発信しないほうがいいのかな、と考えるときがある。こんなことをブログで書いている時点で、そういう気はあまりないのかもしれないけど、なんとなくそう思うときはある。

病気なんだから、SNSとかも何もやらないで、一切こちらからは何も開示せず、世間には存在を知られずに、ひっそりと休養していたほうがいい?と思うときもあれば、自分の気持ちとしては、病気だから、病人だから…と言って世間との関わりを断つのではなく、病気になったって変わっていない部分は変わっていないのだから、以前のようにネットをやっていたい、という気持ちもある。あと、これからもWeb業界で仕事をしていきたいという気持ちがあるからには、世間の情報とかには耳を澄ましておきたいし、新しい技術の情報などに置いてきぼりにされたくない。それは去年も思ったことで、今まで続けてきたそれをやめてしまうと、アイデンティティがなくなってしまう気がする。インターネットで育ってきたようなものだから、インターネットをやめてしまうとたぶん何も残らない。

なぜここまで悩んでしまうのか分からないのだけど、急にふっとそんな気持ちになるときがある。自分では意思を持ってやっているつもりの言動や行動が、他者の目に触れる場である限り、身近な人やそうでない人を不快にさせていないとは言い切れないと思う。考え出したらキリはない。インターネットに限らず、普通の社会でも同じことが言えるしな…とも思う。

この問題にはそれなりに折り合いをつけていきたいのだけど、答えは出なさそうである。受け取り方の違いによるところが大きいと思うから。自分の中での基準を信じればいいのかな。

星野源の曲を聴いていて思ったこと

なんとなく、星野源さんの曲が聴きたくなって、Youtubeの公式チャンネルの動画を見ていた。

星野源さんの曲は昨年ヒットした「恋」しか知らなかった。色々と調べているうちに、「君の声を聞かせて 雲をよけ世界照らすような」という聞いたことのあるサビもこの人の曲だと知った。無意識のうちに曲は何度も聞いていたのだけど、曲の名前も、歌っている人も認識できていなかった。

「SUN」を聴いていると、イントロからサビに進むにつれて、緊張感が徐々に解けていくような、ホッとするような安心感がある。晴れている日の昼間に聴いていると、なんともいえず穏やかな気持ちになる。「時よ」という曲は、テンポが少し「恋」に似ていて、歌っていることはSUNに少し似ている。この2曲に共通することは、「今」を意識していることなのかなあ、と思う。

星野さんがくも膜下出血という大病を二度患ったことが大いに関係しているのだと思うのだけど、この2曲の歌詞はどこか刹那的である。SUNでは「僕たちはいつか終わるから 踊る いま」と歌い、時よでは「時よ いつか終わるその時には バイバイ」と歌っている。表現は少し違うけれど、言っていることの根本は同じだと思っていて、それまでは日常の何気ない瞬間を歌いながら、最後に時間は有限ではないことをあっけらかんと歌っている。これは一度死ぬ思いをして、そこからまた生きることを決意した人でないと、そう簡単には歌えないのだと思う。時間が有限だと気づいて、だからこそ自分にできることを改めて意識できるのだろうなあ、と思う。

自分はまだまだそんな風にはなれていない。決意しても翌日には挫けそうになっている。今しかない、と思ったり、そんなに生き急がなくてもいいか、と思ったり、毎日考えることはバラバラである。でもせめて、自分にできることはやれると思ったうちにやっていきたいなと思っていたりする。家事がひとつできそうならやるとか、散歩のとき、いつもより歩けそうなら歩いてみるとか、しんどくなかったら昨日よりも少しだけ頑張ってみるとか。誰に強制されるわけでなく、自分でやっていきたい。

1月から毎日犬の散歩をしているうちに、30分歩くことが無理をせずに日課になったのが、最近の嬉しいことである。こつこつ積み重ねるって、昔は苦手だったけど、病気になってから上手くなったのではないか、と思う。なぜなら、積み重ねないと治らない病気だから。

動き出せ 針を回せ
次の君に繋がれ
時よ 僕ら乗せて
続いてく 意味もなく

時よ - 星野源 - 歌詞 : 歌ネット

YELLOW DANCER (通常盤)

YELLOW DANCER (通常盤)

 

最近ぶらりと行った場所とか

近場の範囲内でなら車で結構出かけていて、いいなーと思った場所がいくつかあった。

梅林公園

梅まつりが開催されていたので行ってきた。なかなかの広大な敷地に白・ピンク・黄色の梅が咲き誇っている。田舎なので、梅が多いわりに人が少なくてゆっくり楽しめる感じでよかった。犬もOKとのことで一緒に散歩しました。

f:id:kewpiedesign:20170329214353j:plain

f:id:kewpiedesign:20170329214143j:plain

f:id:kewpiedesign:20170329215914j:plain

写真は似たような日の丸構図ばかりなので省略。初めて行ったけど穴場という感じでよかった。近いし来年も行きたい。

舞鶴

この間ブログに書いたけど、久しぶりに海を見れたこともありなかなかよかった。舞鶴は昔から車でよく行く場所ではあるけど、行くと決まって曇天か雨であることが多く、「弁当忘れても傘忘れるな」という標語まであるくらいである。そのせいか陰鬱なイメージがあり、あまり進んで行きたい場所ではなかった。特に戦前から戦後までの軍関係の施設や史跡が多い東舞鶴は、天気の悪い日に行くととにかく気分が落ち込む。BGMには岸壁の母が流れてくる。だけど、この間いつぶりかというくらいに晴天下の舞鶴湾を拝むことができて、非常に晴れ晴れしい気持ちになった。晴れている日の舞鶴はかなりよかったです。天気は大事なので調べて行きましょう。

三方五湖

別に行きたいわけではなかったのだけど、親がドライブに行こうと言うので家族で行ってきた。三方五湖は福井の小浜を過ぎたあたりにある。原発が集中する海沿いを走る上に、道中はほぼトンネルであり、トンネルルートと名づけてもいいくらいトンネル連発区間が続くので、トンネルが苦手な自分からすると地獄のようであり行き帰りは必死に耐えていた。発作の関係で若干閉所恐怖症気味になるので、トンネル内に入るとなんとも言いようのない気分の悪さと息苦しさが続く。海は綺麗なのでトンネルさえなければ…。

特にこれといって観光するわけでもなく、三方五湖PAに行くだけ行って帰ってきた。三方五湖はちらっと見ただけなのであまりどういう場所なのか分からなかった。

f:id:kewpiedesign:20170329214503j:plain

f:id:kewpiedesign:20170329214525j:plain

夕陽は綺麗だったけど、三方五湖の地形はよく分からず微妙だった。春休みの子どもが多かった。

自分の用事で出かけるわけではないにしても、家に引きこもっていても行動範囲が狭くなるだけなのでなるべく出かけていきたいですね。発作が起こったとしても、まあ生きて帰れればいいやくらいの心持ちでいたい。頻繁に外出していると慣れて自信も出てくるし、運動不足解消にもなるし、なるべく外に出ていきたいなと思います。

海の色

今日は通院に京都へ行くつもりだったのだけど、諸事情でキャンセルになり、舞鶴に用事が出来たので、久しぶりに舞鶴へ行ってきた。京都とは真逆の方向である。

舞鶴は去年以来で一年ぶりくらいだと思う。高速道路を使えば30分ほどで行けるのだけど、機会がないと行かないので行く頻度はさほど多くない。余談だけど、高速道路はやっぱり苦手である。前はなんともなかったけれど、病気になってからは少し苦手になった。

舞鶴は東舞鶴と西舞鶴に分かれていて、なんだかおもしろい街である。西はほのぼのとした城下町で、東は軍港のイメージが強い。五老ヶ岳という山を境に市街が東西に分断されているのがユニーク。

海が見たい気分になったので、前島埠頭というところに行って海を見てきた。

f:id:kewpiedesign:20170324193954j:plain暴風が吹きすさんで、波は荒立ち、穏やかそうな見た目とは裏腹に真冬の日本海の様相だった。内陸に住んでいるので、海沿いがこんなに寒いとは思わず、完全に油断していた。新日本海フェリー乗り場が横にあるのだけど、そこから降りてきたと思わしきロシア人のカップルは全然平気そうな顔をしていた。やっぱり寒さに慣れているのだろうか。

埠頭には、時々車が止まっては去っていったり、おじさんが散歩をしに来たりする。なんだか、やっぱり海沿いの雰囲気というのはいい。自分の街にはない景色が新鮮だ。

f:id:kewpiedesign:20170324194835j:plain

f:id:kewpiedesign:20170324194922j:plain

f:id:kewpiedesign:20170324194850j:plain

f:id:kewpiedesign:20170324194215j:plainバケツ一つですら、妙に絵になる。

f:id:kewpiedesign:20170324200808j:plain

f:id:kewpiedesign:20170324194023j:plain天橋立に行ったとき、その海の色に驚いた記憶がある。それまでは、海と言ったら深い青色のイメージだったのだけど、日本海なのに沖縄の海のような、綺麗なターコイズブルーの海を見て、それまで持っていたイメージが覆された。この地域の海の色は美しい。春ですらこうなので、夏の海なんてそれはそれは綺麗に違いない。

f:id:kewpiedesign:20170324211229j:plain自分の頭スレスレをトンビが飛んでいた。鳥を見るとあんなに気持ちよさそうに空を飛べていいなあと思うけれど、鳥は鳥で大変なんだろう。

新日本海フェリー。ここから小樽までフェリーで行ける。船は乗ったことがないけれど、きっと船酔いすると思う。

f:id:kewpiedesign:20170324194533j:plain何気に初めてまじまじと見た、東舞鶴駅。

f:id:kewpiedesign:20170324200651j:plain舞鶴の街並み。雰囲気がどこか荒っぽくて雑然としていて、いかにも日本海側の街という感じだ。いつかまた、この街並みをじっくりと味わいながら歩いてみたい。

f:id:kewpiedesign:20170324194710j:plainこういう街を撮るとき、いつもiPhoneでは上手く撮れなくてがっかりする。レタッチでごまかしているけれど、やっぱりちゃんとしたカメラがほしい。自分の写真を撮る技量がまだまだだから、言い訳にしか聞こえないけど。

今度は夏の舞鶴を見たいなあと思いながら、自分の住んでいる街へと帰った。車で30分しか違わないのに、見る景色は別世界で、まだまだ色んなものを見たいなあと思う。