取り戻す

f:id:kewpiedesign:20170616205031j:plain

ああ、もう6月だなあ、なんて思って、しかし梅雨空になかなかならないもんだなあ、と、夏に近づいた日射しに照らされて陰影のできる山々を眺めていた。1年前も同じようにこの時期の風景を見ていた気がする。

夏になって思い出すのは自転車の記憶で、19〜20歳くらいのころ、なんだか意識高めの時期があり、自分を鍛えるのにハマって、毎日健康のために長いウォーキングだとか自転車漕ぎだとかをやっていた。もともと不安症気味な性格で、考えすぎて前に進めない部分があったのだけど、殻を破りたくて、自分の街の知らない道とかを通ってみることに凝っていた時期だった。自分の足で冒険するたびに、自分の視野が広がっていく感じがして楽しかった。こんなところに来てしまった、どうしよう!と思っても、だいたいはなんとかなるし、実際なってきた。この時期、長年かけて自分の中に蓄積していった、色んな苦手を克服していった。一人で行動するのが不安だったけど、一人で行動できるように練習して、歯医者が苦手だったけど、自分を変えたいから歯医者に行って、慣れないセミナーなんかに行ったりして。普通の人からしたら小さなことだけど、ひとつひとつにとんでもなく勇気が必要だった。その原動力はなにかと言ったら、「働くため」だった。「デザイナーとして働きたい」という目標があったから自分を鍛えられた。

今は、なんだか大きな原動力を見失っていて、地に足がついていない感じがする。自転車を見るたびに、「ああもう、あの頃のように遠くまでは行けないのかなあ」と思ってしまうし、日常生活でも大なり小なり常に不安がつきまとっている。病気を気に、数年前の自分に戻ってしまったかのようだ。これが地の性格なんだから仕方ないのか、と思ってしまう時もあるけれど、数年で行動的になった昔の自分も忘れてはいない。

またあの頃に見た景色を、自分の目でもう一度見に行きたい。そう思い続けられる限りは生きていける気がする。

ストレスを減らす工夫

ストレス、だいたいが万病の元になるので良くなくて、意識していてもしていなくてもできるだけ溜めないほうがいいと思う。そうは言われても目に見えるものではないので難しいと思うけど、日常の些細なことに気をつけるだけで結構違ってくる気がする。

自分の場合は、発病する前に自覚できる範囲で結構ストレスが溜まっていた気がする。

感情の振り幅が激しい

笑ったかと思ったら泣いていたりとか、1日の間で極端に感情の変化が大きい。その時のTwitterを見ると、ハイテンションだったかと思ったらいきなりローテンションになったりしていて、見ていて自分で自分に疲れる感じだった。一言で言うと情緒不安定。今のテンションは、ずっと一定のまま落ち着いてるので、やっぱりあの時ちょっとおかしかったのかな、と思う。

不安が大きい

当時自分の中でわりと深刻な悩み事があって、ずっとその心配ばかりをしていて良くなかった気がする。頭を切り替えられないというか、ずっと不安につきまとわれている状態。リフレッシュしたら、とか、気晴らしにどこどこ行けば、と家族に言われても聞く耳持たずで、「そんなことより悩みを早く解決しなければ自分はダメになってしまう」という方ばかりにとらわれていた気がする。考えすぎは良くない。一番ダメなのは休日に外に出ないで家の中で悶々と考え事ばかりしているパターンで、そういうドツボにハマっているときに考えてもだいたい良くならないので、思いきって距離を取ったほうがいいと思う。何も考えないで外でぼーっとしたり、好きなことに没頭したりする日を作ったほうがいい。

人に愚痴や悩み事を話さない

人に話すことは結構大事で、特に見返りはなくとも話しているだけで気が楽になっていったりすると思う。自分の場合は、当時の悩み事があまり気軽に人に話せない感じだったのでずっと内に溜めていて、それが良くなかった気がする。あと、人に愚痴を吐き出すことに対しての申し訳なさ(主に聞き手の負担になることに対して)があって、気軽に愚痴とか言えない感じの雰囲気を自分で作ってしまっていた。愚痴ばかり言うのもあまり良くないけれど、少しくらい吐き出してもいいと思う。あと、ついつい相手を選んでしまうけど、身近に言える人がいないなら、もっとも近いところで家族に言ったりとかしてもいいと思う。他者の意見を聞き入れるだけで結構落ち着いてきたりする。

 


 

自覚できる範囲でこのくらいあったのだけれど、「このくらい誰にでもあるし特別なことではない」と思って気合いで乗り切ろうとした結果、自分の場合はどうにもならなかったので(もちろん全部が全部このケースに当てはまるわけではないし、どうにかなる人もいると思う)、特別じゃなくても辛い状況が続いてるなあと思ったときは、心療内科とかに行ったりしてみてもいいと思う。心療内科に行くハードル、結構高いと思いがちだけど、行ってる人はいっぱいいるのでもっとフラットに行ってみるくらいの気持ちでいたほうがいいと思う。場合によっては事前になるかもしれない病気の芽を潰しておくことができたりする。一人でなんとかしようと思わずに、適切に周囲の力を借りて対処していくことが大切だなあ、と思った。

素朴な日常の話

素朴な投稿…!と頭をひねったのだけれど、オチがつきそうな話はあまりなかったので、最近あったことをそのまま書いてみることにする。

  • 姉に気合の入ったLINEを送ったのに、全部無視された。いわゆる既読スルーというやつ。こちらが話しかけているのに、リアクションがないのが一番悲しい。
  • 無視された内容はこちら

😄犬の警備員募集!😄
寝ているワンちゃんを見守る簡単なお仕事です。
体調が悪い方でも、寝ながら見守ればいいだけなので安心です!
時間 : 応相談
時給 : 犬からの愛情現物支給
分からない点がございましたら、お気軽にお問い合わせください😆👍🏻✨

  • 犬が1歳を前にしてブクブク太り始めていて、抱っこするとずっしりとした重量感がある。お腹から腰にかけてあったくびれが消えた。
  • 母が初めて豆腐ハンバーグを作って大喜びして、写真を撮っていた。その後、自分で食べて「あんまり美味しくない」とガックリしていた。
  • 父がちょっと前、たまたま可愛く撮れた犬の写真を見て「もうこの頃の顔には戻らないのか?」と悲しげに家族に問いただしていた。別に顔は変わっていない、と母は言っていた。
  • 母がネットニュースを見て、「彼女とデートなう、彼女とデートなう、彼女とデートなう…意味が分からん、彼女とデートなう…」と無限に口に出してなんとか解読しようとしていた。意味を聞かれるので説明したが、分かっていないようだった。
  • 高校生の時の服を久しぶりに着て喜んでいたけど、半日くらい経ったらきつくなってきて脱いだ。加齢に伴う体型の変化を感じる。
  • パジャマ、小学3年生のころのものをずっと着ているので、そろそろ限界を感じている。年数が経って、着れる服と着れない服があるのは謎である。
  • 姉がラジオ体操をしていたら、勢いよく壁に腕をぶつけてケガをしたあげく、犬に威嚇していると勘違いされて襲われたらしい。
  • 家の前を通る中学生は、だいたい自転車に乗って大声で聞き取れない歌を歌っていて、ああ青春だなあ、と思う。
  • 犬をあと2匹飼う夢を見た。今飼っている犬の後ろを、同じ犬種の子犬が2匹、エンドレスでついて回るという地獄絵図のような夢。3匹を家族全員で追っかけ回していて大変だった。1匹でも大変なのに、3匹は到底無理だ。起きてから、当たり前のように自分の布団で寝そべる犬を見て、ああ1匹でよかった…と思った。

とりたてて面白くも、美しくもないけれど、間違いなく最近の素朴な日常の話です。

ロゴの練習を始めた

デザインが好きで、デザインをしているのに、独学で今までやってきたためにグラフィックデザインの基礎とか、タイポグラフィの基礎とかをちゃんと実践で学べてなくて、これではダメだな〜と思ってロゴの練習をすることにした。前々からしたいと思っていたのだけれど、口だけになってしまっていたので、今度こそ!と思ってやり始めることにした。

自分の場合、なにかきっかけがないとなかなか腰を上げれなかったのだけど、今回はモチベーションがかつてなく上がっていたので、わりとスムーズに行動に移すことができた。グラフィックデザインがめちゃくちゃ得意な人を見て触発されたというのも大きい。

今のところ5日目になるのだけど、良いのか悪いのか、作るもの全てのテイストがバラバラで、統一性がない気がする。色々な表現をしてみたい!と思って、欲に従うままデザインしていたらこのようになった。正直、下手くそで見るに耐えないときもあるけれど、一足飛びに上手くはなれないので、今は目をつぶって辛抱するしかない気がする。見せ方の勉強もしていきたい。

嬉しかったのは、最初に投稿したロゴに思いのほかリアクションがあったのと、自分が好きなアイドルのアートディレクションを手がけている方にもリアクションを貰えたことだ。日ごろアイドルが好きだ好きだと叫んでいた甲斐があった?気がする。これからも好きなものは好きだと言っていきたい。

この習慣、いつまで続くか分からないけれど、ロゴにしろそうじゃないにしろ、勉強は続けていきたいと思っている。得意になれるように頑張っていきたい。

作ったものはここにまとめてあります。
http://jypg.net/kewpie/

ブーム

自分の中で、年に何回か訪れる様々なブームがあって、だいたい一定のスパンで毎年繰り返しているので、それらを書き出したらおもしろいのではないか、と思い書き出してみることにした。

宇宙ブーム

半年に一回くらい、宇宙がめちゃくちゃ気になるときがある。ひたすら資料を見たりとか、映像を見たりとか、地球に思いを馳せたりする。わりと普段から宇宙が気になってはいるのだけど、そういうレベルではなく宇宙のことしか考えられなくなるときがある。本当の意味での尊い、みたいな気持ちになる。このブームはわりとめんどくさくて、人に宇宙のすごさや神秘さを力説したりしはじめる。

宇宙の神秘さを感じたいのなら、この本がおすすめです。

宇宙からの帰還 (中公文庫)

宇宙からの帰還 (中公文庫)

 

NASAのライブカメラは、24時間リアルタイムで宇宙を感じることができるのでおすすめです。

砂漠ブーム

なぜか分からないけれど、砂漠が気になって仕方がないときがある。特にサハラ砂漠。だいたい春に来て、同時期にピラミッドブームやインドブームを併発したりもする。よく分からないけど、あの砂以外何もないような景色が好き。あと、アラビア諸国の雰囲気がなぜか好き。ちなみに今は砂漠ブームの真っ最中です。

新選組ブーム

新選組、大河ドラマの影響で好きになったのだけれど、それ以来毎年夏と秋には新選組に思いを馳せるようになった。夏は京都、秋は会津を思い出してなぜだか切なくなる。夏は大河ドラマを見て、秋はだいたい歴史小説読んでて、風邪を引いて喉を痛めたりすると、結核で弱った沖田総司の気持ちになる。春は春で、5月が近づいてきたりすると、もうすぐ土方歳三の命日だなあ…みたいな感じになる。

セーラームーンブーム

なぜだか急にセーラームーンが見たくなって、アニメを片っ端から見るときがある。ちびうさがかわいい。あと、無印の最終回がめちゃくちゃ怖い。セーラームーン、昔から好きで、子どものとき着てたTシャツはだいたいセーラームーンだった。

ハガレンブーム

鋼の錬金術師を全巻読破したくなって読み漁る時期がある。ハガレンはアニメから入ったのだけど、漫画の方が好き。だいたい最終巻を読み終わるとブームは去る。

初期ハロプロブーム

たまに猛烈に昔のハロプロが見たくなって動画を見たりする。ブームというよりは、あの頃は良かったなあ、みたいな感じかもしれない。初期のハロプロは色々と濃いので、見ていると楽しい。

他にも細々とあるけれど、だいたい上に挙げたブームが定期的に来ている気がする。イベント由来のものとかならまだ分かるんだけど、決まった時期に宇宙や砂漠が気になりだすというメカニズムが理解できないので、解明されてほしい。前世の記憶が蘇ったりしてるのかもしれないけど、謎である。