時が止まっている

1年前、従兄が亡くなった。亡くなった、って書くのもいまだに違和感があるけれど、1年経って戻ってこないのだから、亡くなった、ということなんだろう、と思うしかない。

親戚の中で一番距離が近くて、よく会っていた。色々と話もした。物心ついたときからよく横にいたので、兄のような、友人のような、そういう存在だった。アイドルも好きだったので、趣味も合ったし、悩み事とかもよく話したり話されたりしていた。

突然すぎて、事故なのか、事故じゃないのかもまだ分からないような状況だったのだけど、火葬にだけは立ち会って、それでも理解できなくて、今も、いまだに写真を直視できない。見れば見るほど、どうして、なんで、の気持ちが強すぎて、現実を理解できない。だから、理解しないままでいる。けじめがつけれない。

何度も何度も夢に出てきた。生きているのではないか?と何度も思ったけれど、現実は何も進展していなくて、ずっと去年の7月のままだ。

従兄は、葬式が苦手で、「自分の大切な人が亡くなったら、亡くなったという現実を理解しないまま生きていきたい」と言っていた。今の自分がそうだ。考えたらめちゃくちゃになりそうで、よく分からないけれど居ないし、会えないんだ、と思いながら生きていくことを望んでいる。逃げているけれど、それも一つの選択肢なんだ、と思わせてほしい。

私の好きなアイドル、私立恵比寿中学のメンバーは、亡くなった仲間と常に向き合い続けている。そんな勇気がほしい。他人が亡くなった事実は受け入れられて、その人のために何かしたいとか、生きていた証を残したい、と思えるのに、従兄には思えない。思える段階じゃない。

ずっとこんな気持ちを持ったまま、生きていくのだろうか、って思うけれど、たぶん自分だけではないと思う。目に見えないだけで、世の中に、同じような状況で、同じような気持ちの人はたくさんいる、と思わせてほしい。救いを求めている。

開き直りの境地

昔からなんだけど、人目を気にしすぎることに悩んでいて、自分がどう見られているか、どう思われているのか、ということで頭がいっぱいになり、自分が本来取りたい行動を取れない、ということがあった。細かいことで言うと、人がいっぱいいる場所に自分がいたとして、自分は本当は違う場所に行きたいのだけど、目の前にいる人に「なぜ、今この人は違う場所に行ったのだろう?」などと思われたりしたらどうしよう?と思うと、そういう行動を取れないということがよくあった。一番悩んだのは人の目の前でご飯を食べる行為で、口の開け方とか、食べ方とか、表情まで、かなり気にしていた。最近はそれらは解決されつつあるな、と思ったのは今年の2月の話である。

こういう思考は、人の前にいると常にあって、職場とか、家に来客が来ているときとか、学校の教室とか、とにかく気にしていたのだけど、病気になってから不思議とそういうことがどうでもよくなった気がする。そもそも人前にいる機会がほとんど減った、ということもあるのだけど、別にどう見られてもいいや、という心境になったのである。発作は、人目を気にしたり、緊張したりする状態だと起こりやすい、というのもあるけれど、ずんずん考えたところで仕方がないし、自分の取りたい行動を取ったらいいのではないか、という思考に行き着いて、人前で自分のやりたい何かを我慢する、という行動をあまり取らなくなった。気にしたところで、相手は何考えてるか分からないし、何も考えていないかもしれないし、そもそも気にして苦しんでいるのは自分だけである。相手も、そこまで我慢されたらかえって気を遣うはずである。

そう思ってからはずいぶんと気が楽になった。気づいてないだけで、ずいぶんと自分を縛って生きてきたんだな〜と思った。見た目がだらしないとか、そういう表面的な意味ではなくて、本当の意味で気が抜けるようになった気がする。

これもある意味病気のおかげなのかなあ、と思うと、なかなか病気を憎めなかったりする。

ロゴを作ってよかったこと

ロゴの練習をする、という取り組みを始めて1ヶ月くらいが経った。9作くらいしかアップできてないのだけど、こねくり回してボツにしたのとかも結構あるので、もっと作ってる気もする。ロゴ練習をやり始めて、良かったことが結構あるのでざっと書いてみることにする。

Illustratorの使い方を学べた

今まで使ってはいたのだけど、本格的にガッツリ使ったことがあまりなく、それまでは昔から使っていて得意だったPhotoshopばかり使っていた。正直、Illustratorでロゴをしっかり作った経験もなくて、どうやったらいいのか手探りで始めた。他の人のロゴを見よう見まねで作っていたらどんどんやり方を覚えていって、中学生のころPhotoshopでひたすら画像を作っていたのを思い出した。とりあえずソフトは使い込まないとダメなのだなあ、という当たり前のことをいまさら実感した。勉強のためにたまに使う、ではなくて、毎日なにかしら作ることを目的にして使うとかなり覚えるスピードが速くなる気がする。

文字に興味を持った

デザイナーの人なら当たり前のことなんだろうけど、デザイナーと言ってはおこがましいようなレベルの自分だったので、恥ずかしながら今まであまり文字に興味を持ったことはなかった。というか、見ても「きれいだな〜」とか「自分にはこんなもの作れないな〜」という感想しか出てこなかったのだけど、最近は全く違う感想が出てくる。なんというか、やっとデザイナーの人の視点になれた気がする。本当に恥ずかしいのだけど。ロゴや文字を、ひとつの図形として捉えられるようになった気がする。

Twitterのフォロワーが増えた

これ自体は良いことなのか分からないけど、たぶん良いことなのだと思う。とにかくすごいスピードで増えていて、今まではスパムアカウントがたまに増える、くらいの感じだったのだけど、デザインをしている人とかのアカウントからフォローされることが増えた。自分が作ったロゴをいいねしたりリツイートしてくれる人がいて、その循環でフォロワーが増えている感じ。自分の作ったものを多くの人に見てもらえるのは単純に嬉しいので、これからも頑張っていきたいな、という気持ちです。

ロゴをきっかけに新しい繋がりが生まれた

昨日、「伊根町」のロゴを作っていて、バックに伊根の写真を使ったらもっと雰囲気が出るんだろうな〜と思ったのだけれど、手元に伊根町の写真がないので、知り合いの山根翔さんが撮影された伊根の写真を使用していいか、という連絡を取らせていただいたところ、快諾していただいた上に、ロゴをアニメーションにしていいですか、という話の流れになり、なんとアニメを作っていただけた。

この流れは予想していなかったのでびっくりしたと同時に、ロ、ロゴが動いている…!と、なんとも不思議な感覚になった。自分の描いた絵が動くのってこんな感じなのだろうか。とにかくびっくりした。それをシェアしていただいたところ、さらに多くの人に見ていただけて、本当にありがたいです。あと、もともと地元である京都府北部でなにかやりたい、というぼんやりとした考えはずっとあったので、それを具現化できた感じがしてうれしい。もっと明確な意図を持ってできるとさらに良いと思うので、いろいろと頑張っていきたい。

 


 

最近、人となにかをやる機会が続いていて、こんな自分でも、インターネットと技術さえあれば、人とモノが作れるすごい時代になったのだなあ、としみじみ感じている。それと同時に、体調が良くなればもっと色々とアクティブに動き回れるので悔しいな、と思いつつ、アクティブに動き回ることを目標に体調を整えていきたい、という気持ちにもなっている。とにかく、これを励みに頑張っていきたい!という気持ちです。デザインが好きで、デザインを続けていてよかった…。

素朴な日常の話 の続き

この記事を受けての、

この記事の続きです。

  • 今年の夏も、中学生がわけのわからない奇声を上げたり、歌を歌いながら帰宅していて、それを聞いているのが楽しい。そういうのはだいたい男子が多い気がする。本能のまま生きている、という感じでいい。女子は女子で固まってなにかゴニョゴニョ喋っていて、だいたい大きな声では聞こえない。
  • 犬、だいたいどこに行ってもモテモテで、昨日も美人のお姉さんを2人KOしてしまったようである。最近、小首をかしげる必殺技を覚えて、要所要所で上手く使ってくる。あざとい犬に仕上がってきた。
  • 犬、階段が全部上れるようになり、目を離すといつのまにか上っている。上ったはいいものの下りれなくて「ヒィ〜ン」という悲鳴が2Fから聞こえてきて、それで気づくことが多い。危ないので、犬が怖がるモップを階段の手前に置いて上がれないようにしてある。下りる練習もできるようになるといいのだけど。
  • ドライヤーが故障した。なので、出かける予定がないときはだいたい自然乾燥で乾かしている。自然乾燥、大変時間がかかり、この間は1日経ってもまだ生渇きということがあり、文明の尊さを感じた。毛量が多いので、綺麗に乾かさないとありのままに成長した海藻のようになってしまい、見た目が厳しい。毛量が多いの、邪魔でしかないけど、いつかありがたがる時期が来るのかもしれないと思うと、今は感謝しておきたい。
  • 暑くて寝苦しい日が多い。寝るときはまだいいけれど、起きたときの不快感が半端じゃない。不快感に叫んで起きる感じ。寝入るタイミングではなく、起きるタイミングでエアコンをセットしておけば、少しマシになるのだろうか、という感じがする。
  • 両親の結婚記念日ということで、両親の、娘2人で選んでくれ!という希望で、姉とケーキを選んだ。親の好みを予想して選んだのだけど、だいたい予想は外れて、こちらが食べているケーキを欲しがったりしてくるので難しい。姉と私はだいたいいつも同じものを食べるのだけど(たぶん10年くらい同じもの食べてる)、親は違うものが食べたいようである。結局、家族でケーキをそれぞれつまみ食いする形になる。家族仲的にはよろしいのかもしれないけど、とにかく絵が汚い。しかも、自分は自分の頼んだケーキを食べれればそれでいいのに、半強制的につまみ食い大会に参加させられる形となり、父のケーキをつままされたり、母のケーキをつままされたりする。色々食べれてお得、という考え方は私にはないが、家族仲がいいということでオッケーにしている。

京都

f:id:kewpiedesign:20170623121045j:plain

無性に京都に行きたい、と思いながら毎日を過ごしている。

京都、自分がバイトで通うまでは、わりと無関心な地域であった。観光地もテレビの旅番組でやっているような場所しか知らなくて、行ってみたいな、と思いつつも、あまり行く機会もなかった。ずっと田舎に引きこもっていて、初めて京都に一人で行ったのが2013年くらいだった気がする。京都でしかやってない映画を観に、初めて電車で京都に行った。

自分の中での京都の価値観が変わり始めたのは2015年からで、毎日通うとこうも違うのか、というくらい京都に対する印象が変わった。それまでは、なんだか渋いイメージしかなかったのだけれど、古さと新しさがいい感じに共存している街なんだな、という印象に変わった。あと、車で通り過ぎるだけの京都と、自分が電車を使ったり歩いたりする京都は、ずいぶんイメージが違う。親戚に会いに行ったりとか、何か用事があるとき、車で京都にはよく出向いていたけれど、なにも印象に残っていなかった。自分で公共交通機関を使って毎日京都に行くことで、初めて京都を知れた気がする。

森見登見彦さんの作品とかを読んでいたら違ったのかもしれないけど、読んだことがなかったし、学生が多い街ということもあまり知らなかった。鴨川デルタとか、地域ではお馴染みのような場所も、全く知らなかったし。

四季を追うごとに、京都で過ごした匂いや思い出が蘇ってくる気がする。ここまで自分の中で京都が大きい存在になっているとは知らなかった。自分が住んでいる街も好きだけれど、京都も好きだ。2年前はなぜだか「京都が好き」と言い切れなかったけど、離れてみて、ああ好きな土地だ、と思う。また京都で毎日を過ごしたい。離れたら分かった。京都が好きだ。